井上社員

工場管理部 施設課
2016年入社

inoue-1

「いい会社だよ」と勧められました

工業高校の3年生の時、この会社で働いている友人のお兄さんから「いい会社だよ」と勧められて入社を決めました。配属された施設課は、工場の生産設備と付帯設備、建屋の保守・保全が主な仕事です。工場内の設備や機械に故障や不具合があったときにはすぐに駆け付けて、修理や調整を担当しています。いつ、どこで、どんな不具合が出るかは分からないので、勤務時間中はいつも気を張っています。でも、製造現場を支える大切な仕事なので、大きなやりがいを持って働いています。

makoto01

設備・機械の新しい知識を学べる職場

入社して初めのころは、先輩に付きっきりで指導してもらいました。新しい環境で人見知りしたり、見たこともない設備や機械ばかりで仕事への不安もありましたが、先輩がやさしく声をかけてくれました。そのおかげで、すぐに職場になじむことができて、今ではひとりで作業を任されています。会社も、設備の保守・保全に必要な電気系、ロボット系の講習や資格取得を応援してくれるので、これからもっと知識をつけていきたいと思っています。新しいことを学ぶのは、大変だけど、すごく楽しいですから。

makoto02

「ありがとう」が一番のやりがいです

職場の雰囲気は、若い人が多くこともあって、とても明るいですよ。先輩や同僚とは、よく遊びに行っています。製造現場の人たちもやさしくて、すぐに打ち解けることができました。施設課の仕事は、工場内のいろいろな部署に修理に行きます。最初は、どこに行っても目上の人ばかりで緊張しました。同じミスを繰り返してしまって、怒られたこともあります。でも、修理や調整がしっかりできたときは、「ありがとう」って。この「ありがとう」という一言が、今の一番のやりがいになっています。

makoto03

これからも製造現場を支えていきたい

設備や機械がストップして製造現場の人たちが困ることがなくなるように、これからも勉強して、もっと迅速で的確な修理ができるようになることが今の自分自身の目標です。新しい設備や機械が入ることも多いので、ひとつひとつ覚えて、施設課のメンバーでしっかりと情報を共有しあいながら、製造現場を支えていきたいです。先輩たちのおかげでコミュニケーションが取りやすい職場なので、これから入ってくる後輩のみんなとも、気さくな関係をつくっていきたいなと思っています。