セラミックセンサ株式会社
代表取締役
水谷 昭夫

president02

個性と能力を活かし、働く人たちを大切に

2018年8月22日

1989年の創立以来、当社は日本特殊陶業のグループ企業として、自動車の排気ガス中の酸素濃度を検知して最適燃焼状態を制御する自動車用排気ガスシステムの重要部品である「酸素センサ」を生産しています。

私たちは「より快適な生活環境づくりに貢献する」を企業理念とし、グローバルでの品質を徹底的に追求することにより、世界各国ごとの過酷な環境条件や各自動車・二輪メーカーのニーズをクリアし、大気の保全や自然の保護に繋がる製品を提供しています。

今後、益々変化する外部環境やニーズを素早く捉えて、いかに未来へ貢献できるかを常に考え提案することで、世界の人々から信頼され必要とされる会社を目指していきます。

そして、何よりも社員の個性と能力を活かす環境を整え、共に働く人たちを大切にする会社であり続けたいと思っています。